物流用語辞典

下記よりご覧になりたい用語の頭文字を選択してください。

数字 | A~M | N~Z | あ行~な行 | は行~わ行

数字

3PL(3rd Party Logistics)
企業の流通機能全般を一括して請け負うアウトソーシングサービス。自身は物流業務を手がけない企業が、顧客の配送・在庫管理などの業務を、プランニングやシステム構築などを含め長期間一括して請け負い、外部の物流業者などを使って業務を遂行する。物流業者に業務を委託するのとは違い、3PLは「荷主の物流部門」として振舞うため、複数の物流業者から最も荷主の利益にかなう業者を選択したり、荷主側の要望を物流業者と交渉したりといったことが可能となる。
PAGE TOP

A~M

B/L(Bill of Landing)
B/L=ビー・エル、船荷証券は貨物を船積みしたこと、または船積みのため受けとったことを示す書類であるとともに、証券記載の条件に従って運送し、揚荷港でそれと引換に貨物を引き渡すことを約した有価証券である。 複合一貫輸送を引き受けた場合に発行されるDOOR TO DOORの場合はスルーB/L と呼ばれる。

BAF(Bunker Adjustment Factor)
Bunker Surchargeとも言い、燃費の高騰(低落)があった場合の不可(割引)料金。

CFS(Container Freight Station)
通常は、コンテナターミナルの一部に設置された荷さばき用の施設であり、貨物をコンテナに詰め、又はコンテナから取り出す作業を行う場所である。すなわち輸入の場合は、船会社によって積港でコンテナに詰められた小口貨物混載のコンテナを揚港の船からここへ移転して、コンテナから取り出して荷受人にひきわたす。輸出の場合は、船会社が小口貨物をここで受取り仕向港ごとにコンテナに混載してマーシャリングへ移動して船に積む。このように船会社が小口混載コンテナから個々の貨物を取り出したり、小口貨物をコンテナに混載したりする上屋をいう。 コンテナに貨物を詰める作業をVanning又はStuffingと呼ぶ。 コンテナから貨物を取り出す作業をDevanning、Unstuffing又はStrippingと呼ぶ。

CIF(Cost, Freight and Insurance)
運賃・保険料込条件。貿易取引条件の一つで、貨物代金には到着港までの海上運賃と貨物保険料が含まれている。FOB価格に仕向け地までの貨物の保険料と運賃を加算したものを契約価格とする契約。つまり売り手が海上運賃と海上保険料を負担する。

CY(Container Yard)
船会社によって指定されたコンテナターミナルの施設の一部で、船会社がコンテナを集積、蔵置し、輸出入実入りコンテナの受渡しが行われる場所をいう。

DDP(Delivered Duty Paid)
指定仕向地持込渡(関税込み)のことで、DDUの条件プラス通関手続きと関税納付も売主の負担となる条件。現地に支店や事務所のような現地法人がある場合にはDDU,DDPのインコタームズを使用する事が多くなる。

DDU(Delivered Duty Unpaid)
仕向地持込渡(関税抜き)条件。売主は輸入地の指定場所(倉庫、工場、事務所等)まで貨物を持ち込み買主に引渡し、この時点で費用負担と危険負担が買主に移転する。ただし通関手続き及び関税納付は、買主負担とする。

EXW(Ex Works)
売主は約定品を工場や倉庫など現実にある場所で、買主が約定品を引き取りうるようにすればよい。売主にとって極めて有利であるため、買主が現場での買付を望む場合にしか用いられない。

FAF(Fuel Adjustment Factor)
FAFとは船舶用燃料の価格変動が生じた場合、その一部を荷主に負担してもらうためのサーチャージのこと。

FCL(Full Container Load Cargo)
コンテナ1個を単位として発送される大口の貨物をいう。多くの場合は荷主によりコンテナ詰めされてコンテナヤードに搬入され、仕向地においてもコンテナヤードでコンテナのまま荷主に引き渡される。 シッパーズパックのコンテナ貨物と同義である。

FOB(Free on Board)
本船積込渡し条件。貿易取引条件のひとつで、輸出サイドの本船渡し条件の積み価格のことをいう。受け荷主側が運賃、保険料を支払い、船積み決定権がある。
PAGE TOP

N~Z

LCL(Less Than Container Load Cargo)
コンテナ1個を満載するに至らない小口のロットの貨物。FCL貨物に対する用語である。コンテナフレートステーション又はインランドデポに集積され、他貨とコンテナに混載され仕向地では同様にCFS、又はデポでコンテナから出されて荷渡しされる。

NACCS(Nippon Automated Cargo Clearance System)
航空貨物通関情報処理システム。運賃・保険料込条件。貿易取引条件の一つで、貨物代金には到着港までの海上運賃と貨物保険料が含まれている。FOB価格に仕向け地までの貨物の保険料と運賃を加算したものを契約価格とする契約。つまり売り手が海上運賃と海上保険料を負担する。

SCM(Supply Chain Management)
企業活動の管理手法の一つ。取引先との間の受発注、商品の資材調達から在庫管理、製品の配送までの効率化を行う手法。コンピュータを使用しリードタイム短縮や在庫圧縮等をおこない、商品価値(価格)の競争力強化を行う。

THC(Terminal Handling Charge)
コンテナ取り扱い料金のこと。コンテナターミナル内で発生するコンテナの取り扱い費用の一部を、船舶会社が荷主に課金する料金のことです。THCは積港と揚港の両方で発生する。

YAS(Yen Appreciation Surcharge)
円高損失補填料金。アジア関係同盟・協定がCAFに替えて導入した料金。急激な円高による損失を補填する割増料金ともいえる。指定された期間において、平均為替相場が1ドル120円を超え円高になった場合に課金されることになっている。
PAGE TOP

あ行~な行

インコタームズ
正式名、International Rules for the Interpretations of Trade Terms。国際商業会議所(ICC)が制定した貿易取引条件の解釈に関する国際規則の事。インコタームズは、国際貿易取引における売り主または買い主間の様々なトラブル(費用の負担、事故発生時の責任など)を回避するための、標準的な取引条件と、その条件の意味と解釈を定めている。例)FOB、C&F、CIFなど。

上屋
上屋は、海上輸送貨物の荷さばきや、これに伴う一時保管を行うための建物で岸壁、物揚場等の係留施設の近くに設置される。構造的には倉庫に類似しているが、荷さばきを本来の目的としており、保管を本来の目的とする倉庫とは機能的に異なる。

混載
コンテナ一本を貸し切るには費用対効果の面で不適切と思われる場合、一つのコンテナに2種類、2荷主以上の貨物を積み合わせることをいう。また、そのような貨物を混載貨物(Consolidated Cargo)という。

シャーシ
フレームにエンジン、駆動装置、車軸などが取りつけてあるものをいう。海上コンテナ用トレーラーを一般にシャシと呼ぶ場合もあり、これは普通のトレーラーのように床板や荷箱および自走設備が装備されておらず、フレームがむき出しになっている。
PAGE TOP

は行~わ行

パナマックス
パナマ運河を通行し得る最大船型をいう。パナマ運河の場合、運行可能な船の最大幅は32.21mなので、型幅としては32.2mをとるのが普通であり、この船幅をとった船型がパナマックスと呼称される。この船型の場合、計画満載喫水は一般的に12m前後であり、6万~7万載貨重量トン程度となる。

バースターム
海上運送貨物は、船会社と荷主との海上運送契約によって運送されるが、その運送条件の中に、積揚港における船内荷役賃を船会社が負担するか、荷主が負担するかを取り決めている。一般に、定期船によって運送される個品運送貨物については、船会社が負担する運送契約になっている。これをバース・ターム(Berth Terms)またはライナー・ターム(Liner Terms)と呼んでいる。この場合の船内荷役は、船会社と契約しているか、または船会社の指名をうけた一般港湾運送事業者、即ち船社元請ステベがこれを実施している。

フィーダー
本船が直接寄港する幹線の主要港から別便で枝分かれした支線のこと。

複合一貫輸送
特定の貨物が船舶、鉄道、自動車、航空機等種類の異なる2つ以上の輸送手段により相次いで運送される場合を複合輸送あるいは複合運送というが、この場合、荷送人の戸口で貨物が積められ、かつ封印された貨物を輸送の中継地で一度も開封することなく荷受け人の戸口まで単一の運送人の一元的な責任管理のもとに届けることをいい、コンテナの普及により普遍化した。
PAGE TOP